忍者ブログ
チケットぴあ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小澤征爾音楽塾

小澤征爾音楽塾は、2000年にオペラを通じて若手音楽家を育成することを目的として開始しました。



小澤征爾の恩師であるカラヤンの言葉「交響曲とオペラは、音楽という車の両輪のようなもの」が小澤征爾の持論で、その実践の場として年に一度、小澤征爾音楽塾を開催しています。



開始当初より6年間はオペラ、2006年は交響曲を取り上げています。



2012年は演出家に浅利慶太を迎え、プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」を上演します。



貴重な公演ですから、見逃すわけにはいきませんね。



チケット情報はこちらです→小澤征爾音楽塾
icon
PR
小澤征爾」の先頭へ